ハナビラ


新緑の森でも日陰になる場所では残雪がみられます。
毎日、毎日、お日様、気温、雨、風に融けていくのですが、
春の空気にしっとりと、今少しだけはありそうです。

そんな白い雪の上にエゾヤマザクラの花が散ります。
ひらりひらり舞う薄紅色の淡雪のごとく、
あたり一面を思いで色に染めていくのでした。

だれかが儚くなんて言ったとしても、
鮮明に、時に淡くきっと僕はおぼえているでしょう。
なんて。きっと。

この風景を見るにはタイミングが必要でしょう。
冬を想わせる雪と、春を想わせる桜、
やはり道外からお越しのお客様には、
より不思議で美しい光景のようですね。




僕の会社のホームページです。時間がある時にご覧下さいませ。⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる
知床の入門コースとも呼べる知床五湖の自然観察ツアー、午前か午後の半日の散策になります。
 貸切の一日ツアーでは、夏休みの自由研究や、のんびり散策されたい方のご相談にものります。
FACEBOOKでは、ブログで紹介しきれなかった、写真も集めています。⇒『知床ころぽっくる no FB

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。