霧をゆく船


昨日の天気予報では雨が降る予報だったかな?と思った朝。
部屋の窓から眺める海も霧に包まれているようでした。
こればかりは...どうにも、、と、ツアー用の長靴とレインウェアを準備。
どうにか、目的地の滝が見えますように!と願いながらの出発です。

歩く森は"静けさ"そのもので、寂しげに沈黙するエゾハルゼミは
その翅に霧の細かい水滴をつけて、幹で天候が回復するのを待っていました。
ただ、時おり野鳥たちが元気に鳴いて、清々しい雰囲気を演出していましたよ。

そうして佇み、そんな高原の早朝のような空気を感じていると、
素っ頓狂にアオバトが鳴くもので、思わずお客様と笑ってしまいました。

目的地近くの断崖に着いてみれば、タイミングが良く霧がとれました。
この時、あちらの観光船からも断崖や滝が見えていたことでしょう。
たしかに、ずっと真っ白だと僕も困りますが、
風に流れて刻々と移り変わる様子は、幻想的ですし僕は素敵に思います。



僕の会社のホームページです。時間がある時にご覧下さいませ。⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる
知床の入門コースとも呼べる知床五湖の自然観察ツアー、午前か午後の半日の散策になります。
 貸切の一日ツアーでは、夏休みの自由研究や、のんびり散策されたい方のご相談にものります。
FACEBOOKでは、【 知床の季節の音 】と題して動画もアップしています。⇒『知床ころぽっくる no FB

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。