キノコっぽいやつ。


今日は雨ではないものの...やはり長靴で泥濘を歩く一日。
知床五湖では涼しい空気の中に流れ込んでくる白い霧。
全く何も見えないようだと...ちょっと困りますが、
程度によっては素敵な風景に演出されますよね。

そうして、歩んでいくと様々なキノコにテンションが上がりますが、
あっ!?またキノコ!という声に見てみれば...いやキノコではない!

葉緑素をもたない腐生植物ゆえに間違えられやすい植物ですが、
ガイドさんがいなければ、だいたいは誰も訂正してくれないので、
多くの方はキノコと思って通り過ぎていくのでしょう。

ちょっと不憫な気にもなりますが、この不可思議なお花は...
シャクジョウソウというイチヤクソウの仲間です。
毎年のように、この同じ場所にありますが、
今年は現れるのがちょっと遅いように思いますね。

そういえば、、同じ森に...いち早くあったはずの
同じく腐生植物のギンリョウソウが実になる前に消えていますが、
どうしてしまったのでしょうか?



僕の会社のホームページです。時間がある時にご覧下さいませ。⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる
知床の入門コースとも呼べる知床五湖の自然観察ツアー、午前か午後の半日の散策になります。
 貸切の一日ツアーでは、夏休みの自由研究や、のんびり散策されたい方のご相談にものります。
FACEBOOKでは、【 知床の季節の音 】と題して動画もアップしています。⇒『知床ころぽっくる no FB

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。