老大なる湖


恋焦がれていた風景との出会い。最高ですね!

アカエゾマツの茂る原生林の奥。
以前の登山中にいつかは行ってみたいと気になっていた
秘沼を探しに友人とヤブ漕ぎをしながら散策に向かいました。

きっと、天気が悪かったり、一人であったりしたら、、
途中で諦めて帰っていたであろう程のハードコースでしたが、
今日はとても天候にも恵まれて、おまけに涼しくて散策日和であったので、
疲労や汗も心地が良いくらいでしたよ。

湖面に映りこむ山々も森も青空も僕らも
水鏡となってその色を深めていきました。

 


湖を目指す途中にある...ぽっかりあいた広場。
この場所も雪融けから初夏にかけては湖になります。
今は、周囲の草陰にささやかな花が咲いていました。

 


どこからか湧き水が流れてくるようで、
地形図にはない川と小さな池ができていました。
実はこの川は、山側の上流から海側の下流へと流れるという
常識を覆すような不思議な方向へと流れています。

手ですくって...汗だくになった顔を洗うと、
その冷たさに驚かされます。まるで雪融け水、手も顔もビリビリします。

もちろん途中の森も素晴らしくて、
この知床の自然がもつ奥深さに改めて気がつかされたようでした。

** I to U つよし**

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。