エゾリスとオンコ


家の近くを散歩していると、、
そばの森からササの葉を揺らす...ガサガサガサ..っという音。
意外と大きめの動物が動く音に聞こえたので、
エゾシカかな?…と思ってその方向を見ると姿は無し…。
ただ、素早く木の上に登っていく影を発見しました。

まだ冬毛のフサフサした耳になる前のエゾリスでした。

そして、一本の木の中であっちこっちに移動しながら
赤い実を探して食べているようでした。
この木はイチイ。9月~10月に実が赤熟して目立ちます。
(北海道や北東北ではオンコと呼ばれることもあります。)

僕の実家にも生垣のようにして植えていました。
そして、たしかに...この赤い実は甘くて美味しいんですよね。
…ただ、ご注意を!葉、枝、種にはタキシン(taxin)という毒をもっています。
赤く熟した生の実の部分だけが甘く食べることができます。

やはり、その点はエゾリスも知っているようで、
食べては種の部分を木の下にポロポロ落としていましたよ。
これも、落ちた場所によっては新たな芽もでるのでしょうね。


お互いに意識してのことではないのでしょうが、
こうして木と動物が助け合いながら同じ森で生きているのです。

なんだか色々な意味で、素敵な風景でした。

** I to U つよし**

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。