エゾオオカミ?


知床も含めて北海道での野生のオオカミは絶滅してしまい、
現在は生息していません。本州のニホンオオカミも同じですが。
写真は旭山動物園にある「オオカミの森」のシンリンオオカミです。
今年の5月に生まれたという3頭の子供も、
今では親とほぼかわらない大きさに成長していました。

今から120年ほど前までは、この北海道にも生態系の一部として、
多様な生物のうちの一つとして暮らしていたエゾオオカミ。
世界的にも一時代に大きく生息数を減らした彼らオオカミたち。
勿論、全てにおいてではないのですが、
人間による生息域への進出や駆除も大きく関係していることだけに...
ココに生きている僕も、、言葉にならない感情がわいていきます。

これから...凍てつく真冬の夜空に鋭く輝く、孤高の星シリウス。
その光にも似た眼差しに心まで射抜かれてしまうようでした。

** I to U つよし**

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。