来る季節を告げる


買い物をしてる妻を待つ...(暇つぶしの?)1時間ほどで、
濤沸湖周辺や小清水町の海岸を歩きました。

この季節らしく波立つ荒々しいオホーツク海の向こうに知床半島。
いつもは逆の位置から見ていますが、雪化粧をした知床の山々が
秋の比較的澄んだ空気の中でハッキリと見ることができて、
その景観にあらためて素晴らしいなぁ...と思います。

ただ、なかなか近くで野鳥が観察できなくて、、
もう諦めようかと...妻との待ち合わせの場所に向かっている途中...
淡雪のような柔らかな色彩をした白い鳥が目の前を横切りました。
ユキホオジロ(写真上)です。

僕が普段散策するフィールドでは観察する機会が無いのですが、
こちらのような海岸の強風で雪が吹き飛ばされて地面が露出するような
草地や水辺の裸地などで、小さな群れとなってこれからの季節を過ごす冬鳥です。

ほんわか柔らかな色彩と、幼さを感じさせる顔に瞳の可愛らしさは...
僕が大好きな野鳥の一つシマエナガにも近いものがあります。
出会えて、幸せな気持ちにさせてくれました!

 


青空と輝く太陽。見上げると、3羽のオオワシが舞っていました。

11月になって...周りのガイド仲間たちも次々と観察をしているオオワシですが、
僕はなかなか出会う機会に恵まれず、ようやく今日になって見られました。

オオワシとオジロワシは、知床でも冬鳥を代表するような野鳥。
オジロワシの方は少数が知床半島でも繁殖をしているので、
これまでのシーズンでも観察することもありましたが、
この(オオワシの)白と黒のコントラストは久々ですね!感動。

渡って行ったもの。渡って来るもの。
季節を告げるように"今日"へ繋がっています。

** I to U つよし**

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。