世界の果て


日没の少し前、オホーツクの海に映る陽光が光の橋になっていました。
ちょっと朧げで頼りなさそうな橋でしたが、
この先には何があるだろう...とか想像してみたら面白く思います。
(…実際には斜里から網走あたりの陸地がすでに見えているのですが。。。)

また、目線を変えると言いますか、、
この縦の写真を、(パソコンの前で首を傾けて)横にして見ると…、
...僕らは重力の影響で気がつきませんが、きっと宇宙の方から
想像を超えたような物凄い望遠鏡とかで見ることが出来たら、
こんな世界なのでしょうね。上にのっているというより、横についている。
"中心には海があって、剥きかけのゆで卵の殻みたいに陸地がついていて、
そのさらに外側に雲だったり大気がある"といった。僕はそんなイメージかな。
お部屋に地球儀や世界地図でもあれば、さらに面白いですね。

光の橋のさらに先。また...さらに先。...先へと。
この世界の果ては、一周まわって、ココに行き着くのでしょうか。

それを面白いと思うか、思わないかはアナタしだい。
なんて。。。

自然情報にはなっていませんが、
これも自然の見方の一つの提案として。
「目線を変える、見方を増やす」という事かと。
…コマーシャルにもあったような言葉ですが。

** I to U つよし**

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。