ちらばる


ひっそりとした森をスノーシューで歩いていると、
白い雪の上に茶色い細かなモノが散らばっています。

よくキツツキなどの野鳥が枯木をつついた後には...
すぐ下に木の屑が散り散りに落ちているので、
また虫でも探したんだな、と思いながら近づいてみると違いました。

トドマツの松ぼっくり(球果)が崩れてバラバラになった果鱗です。

種子の散布の仕方としてバラバラになるので、
雪のない時期の森でもこのような状態で無造作に落ちていて、
なかなか“ひとつ”まるまる“松ぼっくり”というものは、
アカエゾマツと違いトドマツは見つけられません。

ただ今日のモノは雪が降った後に何者かに崩されたのでしょう。
きっと貯食をおこなうエゾリスや(ミヤマ)カケスの仕業。
秋に蓄えておいたものの種子を今朝?食べたんでしょうね。

姿はなかったですが、彼らの生活の様子が想像できます。

** I to U **BYつよし

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。