ワタリガラス

どこからか、微かに…
...コロロ..コァ!。...コロロッ?...。

近づく声、それに応じるように…
...カポッ!、カポン!...。カッポン!。

まるで会話をしているように鳴きながら、
(…もしかしたら一羽の鳴き声かもしれませんが。)
次々とワタリガラスがやってきました。

多彩な鳴き方をもつ彼ら、行動にもどこか人間くささがある彼ら、
僕は毎年の事ながら、寒さに震えながらも強く惹かれています。

 


フレペの滝の周辺をぐるぐる旋回。

 


流氷を背景にして、黒い影。

 


雪が強く降る先日のツアー中もそうでしたが、
他の野鳥があまり活動していないくらいの天気の中でも
なんだか平気な様子で上空を飛んでいく姿があります。

なんで、そんなに平気でいられるのでしょう?

知床を含めた道東地域で近年越冬する数が増えたといわれる彼らですが、
どれほどの数が越冬しているのか、どのようなルートで渡ってくるのかも、
はっきりわかっていない事が多い野鳥です。

やはりカラスはカラスなので、(見た目も同じく黒いし)
ツアーでは、なかなか...お客様にも関心をもってもらえず、
写真家の星野道夫さんをご存知の方がとても喜ぶくらいの存在です。
…楽しげに解説する僕と、聞くお客様との温度差を少しばかり感じます。

ただ、、鳴き声を実際に聞いた時のお客様の表情が、
なんて素敵な反応だろう...と僕はいつも思います。

んっ!?...これは、なんの鳴き声!?って。

そして僕は言います。
ワタリガラスというカラスですよ。もちろん笑顔で。

 


☆追記:翌日、1月28日にも久々の青空の下で会えました!
ただ、、他に集まっていたオジロワシやクマタカと共に、
地元カラスに追いまわされていました…。かわいそうに。

** I to U **BYつよし

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。