氷上を近道?


この季節、こちらで日常的に流氷の上を歩いているのは、
ドライスーツを着てペンギンのようにペタペタ?ゆっくりと歩む
流氷ウォークをしている人間だけではなく、
もちろんですが...動物たちものようです。

いつ歩いたものかはわかりませんが、
雪のない氷上にキタキツネの残していった足跡があります。
ウトロの町方面へ向かうための近道になったのか、
このような場所にも食料となる何かがあると考えたのか…、
ちょっと立ち止まり...想像するのも楽しいです。

“おそるおそる”一歩を踏みだす僕らの姿よりは、
比べるのも恥ずかしいくらいに...軽やかに歩いていったのでしょうね。

ただ、動物でもキタキツネ以外の足跡はほぼ見ないように思います。
んっ!?これはエゾクロテン?…違うか。と思うことはありますが。

 


厚めの流氷と流氷の間、
割れた隙間で昨夜から今朝にかけて海面が凍ったようです。
慎重に覗きこむと...浅い場所の海底が見えるくらい。
とても透きとおっていて、ガラス細工のようで綺麗でしたよ!

** I to U **BYつよし

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。