雪がはらりとする頃


スノーシューでの散策をする終盤。
薄い雲に透けるようにして知床連山が見え始めて、
それに見入っていると夕方の薄暗い空から
...はらはらはらはら..と粉砂糖を降りかけられているように...
僕らのウェアを鳴らすごく細かな雪が落ちてきました。
背後には、雲で滲んだように鈍く輝く太陽。

これではあまり夕陽は期待できないかなぁ...とも思いましたが、
こういう一日の暮れ方も品があって素敵に感じました。

心地よい疲労感に浸っていると、音がします。
...こつこつこつこつ..と木をつつく小気味好いリズムで。
よく探してみれば木々のむこうに忙しなく動く野鳥のシルエット。
オオアカゲラの姿がありました。

久々に真冬の寒さを思い出した今日。
冬を越えたいと、切に望むかのように必死に幹をつつく姿にも
2月であることを再認識することになりました。

僕らはもうすぐ今日の散策が終わります。
オオアカゲラの今日はまだ終わりそうにありません。

** I to U **BYつよし

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。