縋りつかぬ


日々...行ったり来たりで、落ち着くことがない最近の流氷ですが、
沖に離れてもウトロから見える範囲で留まってくれているので
お客様には「流氷があって...これでも良かったよ!」と
言っていただけることが多く、僕も嬉しいです。

それに場所によって見え方が変わってくるので、
『冬の知床一日ツアー』であちこちを移動・散策することで
短い時間の中で流氷の様々な表情に出会うことができますね。
真っ白な雪原の向こうに広がる...空と流氷と海の色彩には
僕だっていつもワクワクさせられるものです。そのたびに。

今日のスノーシューツアーで見下ろした海では
細かく散り散りになった氷が帯状に集まって
白い大河のように断崖の横を流れていました。

我は、決して縋りつかぬ...。
(動けぬ、哀れな陸なんぞに)縋りついてなるものか...!
という気概のようなものすら感じる、雄大な流れでした。

** I to U **BYつよし

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。