道をつくる


今日もエゾシカたちは人の目など気にせず、
あくまでマイペースで(…そのように見えますが)
...のらりくらりとしながら、、あちこちで草を食んでいます。

写真のような海岸近くの急斜面、
フレペの滝付近などにみられる草原(雪原)、
夕方の道路は車の前に飛び出してこないかと...怖いくらい、
あちこちにわんさと集まって、雪を掘っています。。。

「崖の上のあんな急な場所に行って、シカは大丈夫なんですか?」と
ご案内をしているお客様にほんとに毎日のように質問されますが、
めったに滑落する姿を見ることはないものの、、
たしかにシカには恐怖心はないのだろうか?と僕も思います。
…食わねばならぬ...という強い意志が勝るのか。どうなのか。

きっと彼らも意識はしていなくても...
雪が降ったばかりのまっさらな斜面には
今日もどこかで新しい道がつくられていることでしょう。

一頭が歩いて、それに続く一頭、また一頭と。。。
食べるために、楽に歩けるから、道があるから。。。
単純なコトかもしれませんが、そんなコトもありますね。

** I to U **BYつよし

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。