ぽかぽか


『東北地方太平洋沖地震』の被災地にて、
愕然とする日常の中でも、懸命に生きようとする人達。
惨状が延々とひろがる町で、果敢に復旧のため挑む人達。

どうか、どうか、頑張ってほしい。

『東北地方太平洋沖地震』の被災地を見守りながらも、
不安で空を見上げることすら忘れて、うつむいて歩く人達。
自分も何かできることがあるはずと、義援金や節電に励む人達。

他人事だと...そっぽを向くことなく、僕らも頑張りましょう!

誰もが、ささやかな存在ですが、
そんな、ささやかでも、集まれば大きなチカラになるはず。
信じよう。願おう。そして、動こう!

いつか、ぽかぽか。

あたたかな日差しで憩う日がきますよ!
その時には、みんなで日向ぼっこしましょうね。

どこまでも続く...
ひろ~~~い草むらに寝っころがってさ。

** I to U つよし**

:::追記::: 2011.04.08
 

【エゾモモンガ】
果敢に...一歩踏みだし、まだ見ぬ空へ飛び出しましょう!
未来はあなたの先にこそあるのですから。

 

【ブロッケン現象】
そこには、思いもよらない素敵な風景があるかも。

         

         【ヒグマの足跡】
一歩、一歩。慌てず、ゆっくり。ゆっくり。と。

 

【キタキツネ】
でも、、少し疲れたら、ちょっと怠けてみてもいいんですよ。。。

          


その道が...あまりに遠くとも、あまりに険しくとも、
いつの日か。いつの日か。

今、生きるあなたの為に、チカラをあげたい。
今、生きる私たちの為に、チカラをください。

それができるのは、神様より、人間です。

辿り着く未来は、きっと素敵です。

:::追記::: 2011.04.11
 

【ある日の青空】
…あの日の空と、あの日以降の空。空自体は何も変わらず青いのに、
この気持ちの...ざわめき..は、違和感は、なんだろう。

今、この空を見上げるたび、強く生きたいと、強くありたいと願う。

 

【フクジュソウ】
また始めよう。
巡る巡る季節に、今日も初めての太陽が昇ります。

:::追記::: 2011.04.20
          


【朽ちてなるものか...と空目指すミズナラ】
一時期よりは平静をとり戻しつつあるように見える世間ですが、
それとともに関心を失って、今まで心にあったはずの情熱まで
なくしてしまう方も、これから多くでてきてしまうかもしれませんね。
哀しい話ですが…。嫌な言い方をすれば...流行のように。。。

僕も実家の関係で幼い頃から酪農に携わっていたので、
被災地や近隣に住んでいる農家さん、漁師さんが心配でなりません。
施設や畑の実質的な被害、また放射能の問題、
その上に風評被害がどれほど、いつまで続くのか。
日本人だけでなく海外の人達にも冷静な対応、判断をして頂きたいです。

僕のような人間が言うのも、とても申し訳ないのですが、
どうか、どうか、第一次産業に携わる多くの方、
この厳冬のような時期を、強く、強くあって、のり越えてほしいです。
もちろん僕も出来るだけのことはしていきますから!

:::追記::: 2011.05.12
 

【エゾヤマザクラ】
桜前線のことなど誰もが過去の事として忘れて、日々の生活に戻る頃、
今年もようやく知床のサクラが咲きました。
儚くも凛としたこの花が日本人は大好きです。

実は...山に登れば7月に満開をむかえるサクラもあります。
日本という国の南北の長さと気候の多様さを感じますよね。
それもあって明確に四季の巡りを感じとって、
それを愛でる文化が発達したのかもしれませんね。

来年の桜の咲く頃には、被災地の皆さんが心穏やかになり、
憩えるようなお家にいられますように。

:::追記::: 2011.05.17
 

【エゾヤマザクラ2】
雲間から差しこむ一筋の光を手繰り寄せようとする、
そんな願いにも似た色です。

          


勢いよく天へと吹きあがる、そんな希望でありますように。

:::追記::: 2012.03.11
 


夜明け、昇る煌きを探す旅。
いつの日か頂に立てたと僕らが確信出来た時、
その朝まで登ってきた一歩、一歩が
伸びる影として大空に映ることでしょう。

いつか。いつか。いつの日か。
笑顔で...やっほー!..発しましょ。

** I to U つよし**
…こんな事を書くのも、ささやかな僕に出来る、
...ささやかなコトですが。どうか。どうか。
伝わればいいな。心が繋がればいいな。

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。