百舌子


プユニ岬でモズの雌と思われる野鳥に出会いました。

北海道では一部が越冬するという記録もありますが、
ほぼ夏鳥になるので、彼女も本州から渡ってきたのでしょうね。
本格的に観察することが多くなるのは5月頃からのように思いますが、
たしか昨年も別の場所で3月下旬に初めて確認しました。

「小さな猛禽類」と呼ばれることもあり、
獲物を木の枝やとげに刺す「はやにえ」という習性が有名ですが、
トドマツの天辺にとまって尾を...クルクル..と回している姿を見ていると
そんな獰猛な一面も忘れて、、微笑ましくもありました。
雄に比べて雌は穏やかな顔をしていますし。

快晴の空から燦々と降りそそぐ陽光に野鳥たちも気持ちよさそう。
僕らもぽかぽか暖かな一日に楽しく散策できましたよ。

冬の沈黙した空気ではすでになく、あたりが賑やかになってきました。

 


そんな暖かな一日にオジロワシは何を思う?
なにやら渋い顔をしてますが。。。もともとかもしれません。

写真、実はすぐ隣にもう一羽います。
仲がいいね。ご夫婦ですか?

** I to U **BYつよし

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。