雲を漕いで羅臼湖へ


羅臼湖へのスノーシュートレッキング序盤、
写真(上)の時はまだ吹雪く前、風もそれほどなく雲の中。

昨日の時点で天候が悪いであろうことはわかっていたので、
お客様とのお問い合わせでも、知床横断道路のゲートが開かない
可能性があるということをお伝えして、
今日の朝も羅臼湖へ行けない場合の別ツアーの準備もしていましたが...
午前中は風や雨もそれほどではなかった為か通常どおり開通しました。

それでも、もちろん濃霧で真っ白、また天候の悪化が予測されるので、
状況を判断して引き返すことを伝えて散策に向かいました。

羅臼湖周辺は他のガイドさんからの情報のとおり、
例年に比べると、この時期にしては雪が少なくハイマツがでていました。

そして、、空を睨みながら、風に警戒しながら、、歩く、歩く。

 


そうして、こちらの沼に着く頃には
真っ白だった視界が少しはれてきて...一時は丸い太陽の姿も。
なんとなく穏やかに。このまま回復してくれ...と祈る僕。

…ただ、風がでてきました。ちょっと怪しい様子。。。

 


羅臼湖に到着。

お客様も僕も歓喜の声をあげましたが、
ここでゆっくりとお弁当を食べている余裕はどう考えてもなさそう…。
だんだんと吹雪の気配が僕らに近づいていました。。。

早々に記念写真を撮ったら、一目散に撤退を決意。
そうしたら、やはり帰り道はかなりの吹雪具合に。真冬のようです。
道路に戻ってくると、雪の向こう側に僕らの姿を確認した
お迎えに来ていたスタッフに、映画『岳』の一シーンを
見ているような、力強さと感動があったと言われました。
(まだ、公開されていないですが、イメージです。)

本日のお客様、大変お疲れ様でした。
こんな天候でも元気と熱意、笑顔のあった皆様の姿が素敵でした。

知床横断道路も、通常の夜間通行止めになる15時30分ではなく、
13時30分に通行止めになりました。明日はどうでしょうか?

** I to U つよし**

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。