雪上がりの空の下に紅色の花


5月になってからは...ずっと冷たい雨や雪の降る天気でしたが、
今日のお昼頃から憂鬱色の雲があいて、ようやく青空がひろがりました。

僕はといえば...お休みを頂いたので、
妻には「風邪をぶり返すから、家で大人しくしていなさい!」
と言われたのですが、頼みこんで1時間だけ散策することにしました。

散策した森では、先日このブログでもご紹介したキタコブシが
満開といってもいいくらいに見事に咲いていましたよ。
本日の写真(上)にしたカツラも暗紅色の小さな花がたくさんついていて、
遠くから眺めると木全体が上品な薄紅色に染まって見えて綺麗です。

僕のよく散策するフィールドには少ないカツラの木ですが、
この森にはとても多くて、新緑に森が染まりきる直前にまた訪れると、
他の木々の若葉に、桜の花、カツラの紫赤色の新葉などで、
黄緑やピンク、オレンジや黄色のパステルカラーに彩られるので、
とても好きな森の一つです。

エゾヤマザクラの花もこの数日間で開花するのではないかと思うほど、
今にも開こうと膨らんでいましたよ!

 


袋を開けたら..強く鼻に訴える春の匂い。
ギョウジャニンニクの時期もすでに始まっていましたね。
健康山菜の王者とも言われるような、実際に栄養が豊富で、
味も素晴らしく良いのですが、、強烈なニンニク臭があります。

うちは2人しかいないので、
できるだけ太いものを、少しだけ森におすそ分けしてもらいました。

 


この切られたようにむしりとられた葉の痕は、
きっとエゾシカの食痕でしょう。

食べられるような大きさになるまで
約7年かかる(種子から栽培した記録では)という話しもあるので、
どうせ食べるなら、もっと大きいものを選べばいいのに...
とも思いますし、生息数が増えたエゾシカによって
この場所の植生もこれから大きく変わってしまうのではないか...と
実感することになりました。

それに、山菜採りをする僕ら人間も、
これからも利用する為には様々な注意が必要なのだろうと思います。

** I to U つよし**

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。