霧とキノコと...のようなもの。


今日も霧がたちこめる湖や沼の散策になりました。

たしかに...晴れて知床連山の雄姿を見たいという気もしますが、、
ただ、霧が神秘性や幻想的な演出を加えてくれるので、
風景を真っ白く隠してしまわない程度の絶妙なバランスで漂う霧は、
とても素晴らしい作品に風景をかえてくれますね。

 


知床五湖の森では倒木に写真のタモギタケがありましたよ。
鮮やかなレモンイエローの色で薄暗い空の下で目立っていました。
お客様には「これは、毒キノコなんでしょ!?」と言われますが、
実は天ぷらや汁物にしても美味しいキノコです。
スーパーでも売っていたりしますよ。

ただし、、ヒグマもとても好んで食べる傾向があるので、
知床の森でたくさん生えている場所では注意が必要かもしれません。
…たしかに、彼らの気持ちはわかります。

 


これはきっと昨年に成熟して、すでに星形に開いて
胞子も放出した後のツチグリでしょう。
こんな見た目をしていますが、これもキノコですよ!

なんだか、焼きすぎて焦げたタコのようですね。

 


こちらはキノコの仲間のようで、キノコではない...
葉緑素をもたないため不思議な姿をしていますが、
ちゃんと花も咲かせているラン科の腐生植物の一種です。
(イチヤクソウ科のギンリョウソウがわりと有名です。)

ただ、僕のもっている図鑑では写真のランが見つからなくて、
きっと...サカネランやエゾサカネランに近い種類だろうと予想しましたが、
調べてみたところヒメムヨウランではないかと思います。

 


まだまだ僕も勉強不足ですね。。。
ただ、森にはまだ不思議がいっぱいです!
だから面白いのでしょうね。

※下の3枚の写真は先日、別の森で見つけたものです。

** I to U つよし**

◎お時間がございましたら、こちらもどうぞ。。。
知床オプショナルツアーズ SOT!・・・僕の所属している会社です!
『知床長屋の事件簿』・・・SOT!代表である鈴木のブログです!

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。