枯れた草原には


すっかりと“水”を失った草原は茶色く寒いです。
枯れたハンゴンソウとキオンが寂しげに立ち、
枯れたワラビがその下で緑色を保ったままのササと
不思議なコントラストを見せていました。
また、散策路を足早にすれ違う人は疎(まば)らで
寒さのせいか眉間にはシワがよっていました。

春から夏の鳥達のさえずり、夏から秋の虫たちの音色、
ただ、今日のそこには草原とともに静寂が広がるばかり。
そのむこうに見える山々には白い雪、雪、雪。。。

深呼吸をすると、ひんやりとした空気が肺をとおして
全身を巡っていくような気がします。

晩秋の夕刻か。
** I to U **BYつよし

○知床オプショナルツアーズのホームページはこちらです。
http://www.shiretoko.info/

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。