輝きの雪原


この雪原をスノーシューで歩めば
バリッ、バリッ。またはガリッ、ガリッという音が
一歩踏みだすたびにします。
もうほとんど、これは雪原ではなく氷原のようです。
日々強風が吹きすさぶ場所なので、
風でだんだんと表面の軽い雪が飛ばされて、
さらに吹かれることによって磨かれていきます。

(もしかしたら一部の場所では
すぐ側の断崖から流れ落ちる滝の飛沫が
風によっては巻き上げられてくることもあるので、
その影響もあるのかもしれませんね。)

真っ青な空の下に広がる雪原はどこまでも続き
降りそそぐ強い陽光にそれは輝きを得て、
キラキラ、時にギラギラと照りかえします。
それを眺める時、空と雪原によって形成された
この空間の大きさを僕はあらためて認識するのでした。

太陽の傾き、雲の流れ、冷たい風に木々の枝、
しだいに姿をかえていく光を眺めていました。
** I to U **BYつよし

○知床オプショナルツアーズのホームページはこちらです。
http://www.shiretoko.info/

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。