特に興味なし。


スノーシューで森を散策、
他のツアーの方が歩いた後は
踏まれて堅くなっていますが、
新しいルートをつくろうと新雪を
かきわけ進むのはとっても大変です。
お客様は新雪を踏む感覚に楽しげでしたが。。

そして、かきわけ!かきわけ!進んだ先には
突如、ぱーーーーーーーーっとひらけた雪原。
さらにその先に広がる海。流氷。
僕も含めてその場にいた誰もが歓声の後に
黙って見入ってしまうくらいの光景、美しさ。

ただ、、、彼らにはそんな事は関係ないようです。
ムッシャ、ムッシャ。モグ、モグ。

そう彼らは特に興味がないのです。
僕らがが美しいと感じる光景で
あろうが、無かろうが。。。

この断崖沿いの斜面は
強い風によって雪が飛ばされているので、
エゾシカ達にとっては雪が浅くて
下草が掘り出しやすいのです。

そこにあるのは、「食べなければ、生きられない。」
そんなシンプルな一つの結論。
だけど、、「食べれば、生きられる。」
・・・そうとは限らない。
そうシカたちも知っているようにも思います。

僕の生きる世界に比べると、なんて力強い世界でしょうか。
だけど反面、切なくもあるそんな世界にも思います。
** I to U **BYつよし

○知床オプショナルツアーズのホームページはこちらです。
http://www.shiretoko.info/

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。