あしあと。その先。


今日の午前中にツアーで散策した
フレペの滝の遊歩道。
滝の姿をしばし眺めて、
また遊歩道を帰っていこうと歩き始めると、、
草原でさっきまでのんびりと草を食んでいた
エゾシカ達が一気に同じ方向へ走っていきます。
これはもしかしてと見てみれば、
やはりヒグマの姿がありました。

しかし、とても小さいその体から
“こぐま”であるとお客様もわかるほど。
あまり元気のない足どりで
僕らとは別方向へとゆっくり去っていきました。
駆けつけたクマ対応のスタッフに聞くと
つい先日、3月17日に知床自然センターの前に
あらわれたというヒグマのようです。

普通はお母さんグマの後をぴったりとくっついて
歩いているはずの年齢でしょう。
もし、母熊とはぐれてしまったのだとしたら、、
この“こぐま”はこれからどうなってしまうのか。。

去った後に残された小さな足あと。
どのような足どりで、
これからを歩んでいかなくてはならないのか。
その先にあるものは。。。とても心配です。
** I to U **BYつよし

○知床オプショナルツアーズのホームページはこちらです。
http://www.shiretoko.info/

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。