天候の荒れる前。

どうにも明日(12月23日)は知床方面も天候が良くないとの予報ですが、

すでに、風は弱いものの...お昼過ぎから雪が降り始めています。

最近の日課のように川の方面へと車をはしらせれば、ワシたちの姿。

雪に霞んでいますが、近くから遠くから木々や河口にとまっているので、

そうしたオジロワシやオオワシの数を数えるのも楽しいですね。

降りしきる中であっても力強く羽ばたいて、その上流へと去っていく翼。

雪の音、川の音、羽の音、”静けさ”を構成するのは、そう感じさせるのは、

”無音”であるという事ではないのだと、冬だからこそ知るのだと思います。

空間に、何もないことよりも、何かしかないことの方が寂しく感じるように。


そして、しだいに暗くなって、森はより静かになっていくのでした。




***** 自然ガイド 知床ころぽっくる *****

知床五湖・フレペの滝・原生林のトレッキング、自然観察、

冬はスノーシューでの自然体験ツアーをしています!

その他のネイチャーツアーもHPよりご相談下さいませ。


つよし

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。