水彩の緑


今日は友人とスノーシューでの森歩き!
初夏や秋頃に年に2度くらいは散策に行く森ですが、
この時期には...その様子がどう違うのかを確認しました。

僕が普段の森歩きで散策するのは海岸沿いが多いのですが、
どちらかといえば山側に向かっていく森で、
知床の森の奥の、さらに奥というような雰囲気です。
そして、あまりエゾシカもやってこないようで、足跡も少なめ。
その他、今日の雪上にあった足跡はキタキツネとエゾクロテンとネズミ。
ただ、全体的にここを冬に訪れる哺乳類は少ない印象でした。

シカの食害も少ないのか大きなキハダの木やイチイ、
また火山の噴火による地形がみられる場所なので、
森の歴史の影響かアカエゾマツが比較的に多い印象です。

面白いし、いい森ですね!






アカウントをお持ちでしたら、「いいね!」頂けると幸いです♪⇒『知床ころぽっくるFBページ
弊社ホームページ(^^♪時間がある時にでもご覧下さいませ♪⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。