早春の色。水の音。


先週の3月2日には積雪深が200cmを記録したウトロでしたが、
今回の低気圧では降ったものが湿った雪より霙や雨で、
気温も高く風が強かった影響もあってか15時現在で146㎝まで減りました。

今日も柔らかな空気に、少し暖かささえ感じられる一日です。
勿論...まだまだ、まだまだ雪は多いのですが、風が吹きつける丘の上、
道路脇の斜面や川のそばでは、雪解けが進んで下草が見えている場所もありました。

そんな茶色い空間に、フキノトウの新鮮な緑を見つけました。
早春を想わせる...その色は眩く光るようで、あまりに、
視界さえ明るくなったような錯覚、近づく春を意識せざるをえないのですが、、
まだ、雪は降るでしょう。まだ、寒くなるでしょう。まだ、冬は続くでしょう。

また何度か雪に埋まって、いつか空がひらけた時に春はきます。






アカウントをお持ちでしたら、「いいね!」頂けると幸いです♪⇒『知床ころぽっくるFBページ
弊社ホームページ(^^♪時間がある時にでもご覧下さいませ♪⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる

風を聴く森*知床のブログ

今日の知床。四季の知床。動物・草花。自然ガイドの日記。 『知床ころぽっくる』ブログ。